不妊治療にかかる費用|不妊治療専門病院がまだある|望みを捨てないで

不妊治療専門病院がまだある|望みを捨てないで

不妊治療にかかる費用

ドクター

助成金の給付とは

子供が欲しいと望んでいるのに授かれない夫婦は、10組に1組ともいわれています。年々増えているともいわれており、大阪府でも増えています。不妊治療で生まれる子供も年々増えています。不妊治療にかかる費用の負担を軽減するために、助成金の給付を行っている都道府県があります。なぜこのような給付が行われているのかというと、不妊治療には保険適用外の治療が多くあり、治療費が高額になりがちだからです。経済的負担を理由に不妊治療を受けることを諦めざるをえない夫婦もいると考えられます。大阪府では、特定不妊治療についての助成を行っています。特定不妊治療とは、体外受精(たいがいじゅせい)と顕微授精(けんびじゅせい)をさします。

金額と回数とは

大阪府の不妊治療助成額は、初めての申請で初回治療の場合は30万円が上限です。30万円というと余るのではないかと思われるかもしれませんが、そうでもありません。特定不妊治療では採卵から胚移植まで実施すると、50万円以上かかる病院もあり30万円では全てをまかなうことはできません。一部助成ということになります。2回目以降の申請では上限額は15万円となります。助成金は男性不妊治療にも適用されます。大阪府では助成回数を、初回助成を受けた際の妻の年齢によって定めています。40歳未満では6回、40歳以上では3回です。ただし治療開始時点での妻の年齢が43歳以上の場合や、通算5年間助成を受けている場合には助成対象外となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加